金子あきこ先生へのインタビュー

金子あきこ先生

先生について

Qマイコククッキングをご覧のみなさんに自己紹介をお願いします。
Aはじめまして!こんにちは。マイ穀クッキングにてレシピを担当させて頂きます、管理栄養士・節約美容料理研究家 金子あきこと申します。
食べ盛りの小学生の息子2人のママでもあります。自身のダイエット体験や美容と健康の情報発信、レシピ開発、集団給食のコンサルティングなどを行っております。
Qいつごろから食に興味を持ちましたか?またその理由、背景をお聞かください
A小学6年生の頃に激太りをし、ダイエットに励んだことがきっかけです。中学1年生時、夏休みの自由研究の宿題を自分のダイエットをまとめたりと、そのころから何を食べると「痩せる。」「太る。」ということをカロリーのみで分析してないましたが、完全な自己流だったので、痩せてもすぐリバウンドをしてという生活でした。 体にとっての大切な栄養素は何かという深いところは子供ができてから少しずつ考えるようになりました。 
Qどうやって料理の先生になりましたか。
A私は給食委託会社で10年以上経験を積みました。幼稚園や特別養護老人ホームにて栄養士として調理や盛り付け、献立作成、材料費の管理などを行っていました。しっかりと知識を深めアウトプットできるようになりたいと思い立ち、2015年管理栄養士の資格を取得しました。
結婚しスリムな夫との食習慣にシフトしていくことで、ダイエットをしなくても理想の体重がキープできるようになっていました。そして日々の食事作りから、材料費をかけなくてもおいしい料理が作れて尚且つ美容にも良いことに実体験から気づき、節約美容料理を世に広めたいと思い先生になりました。4人家族で食費2万円(米、アルコール類除く)。
私はエステに行ったりサプリを飲んだり一切していません。すべて食べたものの結果です。
金子あきこ先生料理風景

雑穀について

Q雑穀を取り入れ始めたのはいつ頃で、そのきっかけは何ですか?
A雑穀を取り入れたのは5年ほど前。長女のひどい便秘に悩み取り入れたことがきっかけでした。
Q雑穀を食材として仕事や日々の食生活にどう活用していますか?
A雑穀はとても美容効果の高い上に、お値段もリーズナブルですので、節約美容料理に欠かせないアイテムとなっています。毎日の食事では好きな雑穀を自分でブレンドしてごはんに混ぜて食べています
Qお気に入り、使いやすい雑穀は何ですか? その調理法、活用法のコツなどあれば教えてください。
Aいなきびや黒米、ハト麦などがお気に入りです。 いなきびは色が黄色できれいなので、色味がほしいときに加えます。ハト麦はそぼろなどと炒めても存在感と食感があり食べごたえもよいです。黒米はプチプチっとした食感がたまらなく好きです。
Qお気に入りのレシピはありますか。
A『いなきびとトマトの生春巻き』です。見た目も綺麗でホームパーティーなんかにもぴったりです。
いなきびとトマトの生春巻き
Qこれから雑穀を使ってやってみたい料理があれば教えてください
A雑穀が苦手だな。というひとでもサラリと食べてもらえるレシピを考えていきたいです。

活動実績

Q普段はどういったお仕事をされていますか?
A企業様向けの商品開発やレシピ開発、コラム執筆、セミナー、集団給食施設の献立監修、衛生管理などをさせていただいております。
金子あきこ先生セミナー風景
Qこれからの活動や目標などはありますか?
Aセミナーなどを通じ、美容と健康の情報を発信し、節約美容料理を多く方に知っていただきたいと思っています。
金子あきこ先生講演風景
Q将来の夢は?
A「食べることで人は幸せになれる」ということを知ってもらい、しっかり食べて幸せホルモン出まくりのよりよい社会ができたらいいな。
そしておばあちゃんになっても情報を発信する側に立つことが目標です!
<金子あきこ先生>
先生のレシピ集はこちら
結婚後、ごはん、味噌汁を食べることで万年ダイエッターから脱却。
食べることで体重の増加もなく綺麗になれることを実証し、節約美容料理を開発し広める活動を行っている。
その他企業様向けレシピ開発、コラム執筆、セミナー、集団給食施設コンサルティングなど多数活躍中。